2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お絵描き

2017年6月15日 (木)

ルピナス(墨彩画)

 墨彩画、今回のお題は「ルピナス」です。
 また、ややこしいい花を…(苦笑) 

Photo

 マメ科の植物だけれど、花のつき方が変わっていて、ネットで写真を見てもイマイチよく分かりません。
 実際の花を手にして(触って分解して)みれたらいいのですが、うちのご近所では咲いてないし…
 まんのう公園に、いっぱい植えられているそうですが、ゴールデンウィークの頃に満開という記事が新聞に掲載されていましたから、もうとっくに花の時期は終わっているのでしょうね。残念!

 

2017年6月 5日 (月)

ハナショウブ(墨彩画)

 今回はハナショウブ。

Photo

 ハナショウブは園芸種で色々な花が造られていますから、前回のカキツバタよりはかなり派手な絵になりました。
 ところで、カキツバタへのコメントで、葉っぱで見分ける…と、書きましたが、柔らかめで少し幅広なのがカキツバタ、ハナショウブは筋が入っていて固め…だ、そうです。(最も、写真では分かりにくいですね。実物を手にとってみればいいのでしょうが…)

 今回の絵にも、葉に筋を描いてます。
 この筋の入れ方…筆を墨をとった皿の中でグイグイひねり(筆をいじめる?)、筆先がばらけた状態にして、葉の上に筋をさっと描くのですが、頭で理屈はわかっても、実際にやるのは、なかなか難しい。
 墨がつきすぎて、べったり黒くなったり、ビビって線が途中で切れたり、かすれたり、勢いつけすぎてはみ出したり…weep
 が、頑張って練習しなくては…
 
 ちなみに、こちらは気分転換に、ハガキ絵風に1枚描いてみたもの。

Photo_2

 一応、カキツバタのつもりですが、ハナショウブにも見えますね、 葉の筋は描いていまんが…(苦笑)

2017年5月28日 (日)

カキツバタ(墨彩画)

 今回の墨彩画は「カキツバタ(カワセミつき)」でした。

Photo

 カキツバタよりカワセミの方に力が入ってしまった…なんてことは、墨彩画の先生には内緒です(苦笑)

 昔から「いずれアヤメかカキツバタ」とはいうけれど、「いずれショウブかカキツバタ」とはなんで言わないのかなぁ〜と、ふと不思議になって、それぞれの花をネットで検索してみたら…ええっ!節句に菖蒲湯にするショウブって、アヤメやカキツバタとは全く種類が違う植物だったのぉ〜!?(ショウブはショウブ科でアヤメやカキツバタはアヤメ科)
 すると私が「ショウブ」と思っていたのは「アヤメ」か「ハナショウブ」だったのか…この歳になるまで知りませんでした。

Photo_2

 ちなみに、このスケッチは昔々、真面目に絵の練習してた頃に描いたものですが…これは、多分「ハナショウブ」かな?

2017年5月20日 (土)

ラッパスイセン(墨彩画)

 墨彩画のお題は、いつもは季節を先取りしているのですが(そのせいで、お題の花を確認しようとしても、咲いてなくてネットに頼るのですが)今回は、なぜか季節から遅れて「ラッパスイセン」

Photo

 遅咲きのラッパスイセンだと、ギリギリ4月中は咲いていることもあるけれど、さすがに5月はもう花は終わってますよね〜(苦笑)
 なので、同じ花を2週続けるのがパターンですが、今回はこの1種だけ…次回は「カキツバタ」に変更になりました。
 今回の水仙も葉っぱの描き方に四苦八苦(勢いよく描こうとして掠れたり歪んだり、注意深く筆を動かしたら、ビビって勢いがなくなったり…トホホホです)したけれど、カキツバタの葉も難しそう…上手く描けるかな?

2017年5月12日 (金)

君子蘭2(墨彩画)

 旅行の話をちゃっちゃとUPしたいところですが、写真の整理がなかなかできなくて…
 というわけで、先に墨彩画。君子蘭の2回目です。

Photo

 花が増えて賑やかになって…そして、おなじみの雀付き(苦笑)
 雀がちょっと小さくなってしまいました。

 

2017年5月 7日 (日)

君子蘭1(墨彩画)

 今回は君子蘭。

Photo

 この花は、ちょうど今が盛りと、あちらこちらの庭に咲き誇っているので、「どんな花かわからないよう〜(ノ_-。)」と悩む心配はなかったのですが…ご近所の鉢植えをじっくり眺めていると、なんとなくお手本と細かいところが違っているような…???
 ま、君子蘭は園芸種ですから、色々と品種改良されているだろうし、育つ環境でも葉や花が少しは形が違うのでしょうね。
 花はともかく、幅広の葉を太筆でイッキに描くのが難しかったです。

2017年4月22日 (土)

花海棠2(墨彩画)

 さすがに4月も半ばを過ぎて、ご近所の庭先やら、買い物に行く途中の公園やら、緑が艶やかに、そして様々な色の花々が賑やかに咲いてきました。
 墨彩画も、2回目の花海棠は、満開の花とシジュウカラ。

Photo

 本当は、ここまで満開になると、葉がほとんど見えなくて、木全体がピンク色になるけれど、さすがにそれでは…というわけで、アクセントに緑の葉を少し多めに描いてます。
 しかし、こういう賑やかな花は、絵の上でのバランスが難しい…空間恐怖症じゃないけれど、ついつい、もっともっと!!と花を描き足してしまうので、程よいところで筆を置くのが大変でした(苦笑)

2017年4月18日 (火)

花海棠(墨彩画)

 イッキに気温が上がって夏日になったかと思ったら、雨がザバザバ降ってうすら寒かったり…と、相変わらずお天気は安定しませんが、それでも庭のバベの木や、カエデの葉がくすんだ色から、艶やかな緑に変わり、近所の軒下にはツバメが…
 いよいよ本格的に春…というか、あっという間に暑い暑い夏になるのでしょうねぇ〜

 そんな季節にふさわしく、今回の墨彩画は華やかに「花海棠」です。

Photo_3


 鳥は先生のお手本ではメジロだったのですが、先生曰く「緑の葉に紛れて目立たないですね。シジュウカラかジョウビタキの方がいいかも…」という事でしたので、大好きなジョウビタキにしてみました。
 それにしても、墨彩画といっても墨はほとんど使っていませんね(苦笑)
 墨は減らないけれど顔彩がすごい勢いで減っていく…早めに画材店に行って買い足しておかなくては

2017年4月 8日 (土)

ケマンソウ(墨彩画)

前回、ちょっと勘違いしてしまいましたが、今回はこのケマンソウ(タイツリソウ)です。
しかし、ネットで調べたとはいえ、実際に見たことのない花は、やっぱり描きにくいですね。

Img_0147_2


2017年3月29日 (水)

ヤブケマン(墨彩画)

 私の通っている墨彩画教室では、半年ごとにくれる予定表で、この先のお題がわかっているのですが、どうも先生は一度描いた花は繰り返したくないのか、あまり聞いたことがないような花の名前が並んでいます。(私が、植物にイマイチくわしくないせいもありますが…(^^ゞ)
 で、知らない花は前もってネットで調べているのですが、今回のお題は「ケマンソウ」でした。
 ネットで検索するとハート形の赤い花…まぁ、変わった花を描くんだねぇ〜と、思っていたのですが、当日、教室で先生が描き始めた花は(目の前でお手本を描いて見せてくれるのです)、まったく違う…???
 思わず「これはなんて言う花ですか?」と聞いてしまいました。
 答えは…「ヤブケマンソウ」正確にはムラサキケマンとキケマン。
 私が調べたケマンソウ(別名タイツリソウ)は「そっちは来週描きますね」ということでした。
 う〜む、調べ方が甘かったか…ま、どちらにしても、見たことがない花なので描きにくいことには変わりはありませんでしたが…(苦笑)

Photo

より以前の記事一覧