2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お絵描き

2017年8月22日 (火)

芙蓉2(墨彩画)

Photo

 台風襲来や、お盆休みで、ちょっとお休みが続いた墨彩画教室。
 今回の芙蓉の花は、スズメと蜂つきです。
 前回と違って、葉っぱは墨のみで描いてみました(先生から、「墨のみ」「墨+顔彩」のどちらでもいいと言われたので…)
 墨だけの方がスッキリして花の赤が映えるような気がします。
 しかし、もうちょっと花の周辺の墨を濃くしないとダメですね。

2017年8月 8日 (火)

芙蓉(墨彩画)

 来るぞ来るぞ〜と土曜日から身構えていた台風5号、我が家のあたりは日曜日の夜中から雨が降り始め、昨日の昼前ごろは風も強くはなりましたが、特に被害はなく夕方には静かになってきました。
 ハァ〜やれやれ…ですが、今日もまだ日本の東北あたり…こんなノロノロ台風は聞いたことがないですよ。やはり温暖化による異常気象の影響なんでしょうか?
 どうか大きな被害を出さずに、さっさと立ち去って欲しいです。

 で、話は変わって墨彩画。
 今回は、芙蓉の花。
 葉を、大筆でえいやっ!と描くのが、難しいけど楽しかったです。

Photo

 そして、もう1枚。ほぼ墨だけで描いてみました。

Photo_2

 こちらは色紙ではなく、画仙紙葉書です。
 紙が違えばにじみ具合も全然違う(当然ですが)ので、実はドバッと滲んで2枚も葉書をダメにしてしまった…ああっ!紙がもったいない…

2017年7月31日 (月)

秋海棠2・朝顔(墨彩画)

 2回目の秋海棠は、前回は墨だけだった葉っぱも色付き。

Photo_2

 顔彩の若葉に黄土を混ぜて、墨をとって描くのですが、思ったような色を出すのは難しいです。やはり、もっともっと描いて慣れないとダメですね。
 そして、ちょっとカラスアゲハが小ぶりになってしまったけれど…ま、これは個体差があるし…と、言い訳してみたり…(苦笑)

 で、こちらの朝顔は、教室でのお題ではなくて、なんとなく季節的に描いてみたくなったものです。

Photo

 一応、家にある水墨画の絵手本やネットの写真(そういえば、最近こういうオーソドックスな朝顔を近所では見かけなくなりました。なぜかしら?)を参考にして描いてみましたが、なんか構図が平凡…というか、駅に売っているお土産団扇の絵柄のようになってしまった…despair

2017年7月30日 (日)

たまには色鉛筆で…(ミーシャ)

 友人がブログで色鉛筆での素敵なお絵描きをアップしているのを見て、私も久しぶりに色鉛筆で遊んでみたくなりました。
 何を描こうか悩んだのですが、ちょうど目の前に今は亡きミーシャの写真(5歳頃かな?)が、あったので、それを元にカキカキ…
 それにしても、なんてわけわからん模様なんだ!(彼は、な〜んちゃってアメショー?だったので、「ブラウンのクラシックタビー」といえばいいのかな?)

Photo

 とりあえず、頑張って描き上げて、母に見せたら…
 「ミーシャはこんなに可愛い顔してなかったやろ?」
 ええ、確かに目は2割り増しで大きめにしてますし、体はちょっと細めについついしてしまってますが…(苦笑)
 これって思い出補正かしら?

2017年7月16日 (日)

秋海棠(墨彩画)

 まだ梅雨明け宣言は出ていないけれど、ここ数日、お日様はギラギラで猛烈に暑いです。

Photo_4

 ブロック塀に、今年最初のセミの抜け殻を見つけた!…と、思ったら、翌朝から「シャーシャーシャージャー」と大合唱が始まりました。
 まぁ、季節が順調に移っている証拠なんでしょうが…やっぱりやかましい!睡眠不足から、早くも夏バテになりそうですdespair

 お天気を愚痴っても仕方がないので…今回の墨彩画「秋海棠」です。

Photo_2

 「秋海棠?どんな花だっけ???」と、とりあえずネットで検索して、確認してはみましたが、いまいちよく分からない花ですね。
 まぁ、変に悩まずにお手本どおりに描けばいいのでしょうが…(苦笑)


 

2017年7月 8日 (土)

ナスの花2(墨彩画)

 2回目のナスの花(といっても花はあんまり目立ちませんが…)は、スズメとアマガエル付き。

Photo

 このアマガエル、先生のお手本では下の大きな葉のど真ん中にいたのですが、これがとってもとっても描きにくい…
 何しろ、葉がかなり濃い色なので、その上にカエルを描くと、普通の色では下の葉の色が強く出て、カエルが全く目立ちません。
 若葉や花白緑の顔彩に胡粉を混ぜ、濃いめにとって描くのですが、どうもべったりと何か変なものが葉っぱにへばりついているように見えてしまう。(私の技術不足もありますが…)
 なので、お手本どおり描くのはあっさり諦めて、茎のところにひっそりとしがみつかせました。
 しかし、今回カエルを描くために、スケッチ(筆ペンと色鉛筆です)してみるのは楽しかったです。

Photo_2

 ナスよりこっちに力が入ってしまった…かも(苦笑)

2017年7月 2日 (日)

ナスの花(墨彩画)

 もう7月…猛烈に暑いです。

 ああ、これからちょっと動くたびに汗が吹き出る日々が、2ヶ月、いや3ヶ月近く続くのか…早く秋になってくれないかな…と、無茶なことをギラギラの太陽を見上げて思ってしまいます。

 さて墨彩画、今回は「ナスの花」ですが、花はイマイチ地味なので、茄子の実の描き方の方に力がはいります。
 この描き方なんですが、先ず筆に赤紫をしっかり含ませて、そこに藍をとり、更に墨を少々筆先にとって、エイヤッと紙に筆を下ろし、グリンと筆を上に回して、サッと描く…こうすると、最初は赤紫に藍色が混じっていわゆる「茄子紺」色になり、終わりは薄めの赤紫が出て、美味しそうなナスが完成する…と、理屈はわかるのですが、実際に描くとなると、なかなか…力が入りすぎるとナスの丸みがうまく出ないし、勢いつけると、ガクからはみ出したりにじんだり…

Photo

 頑張って半紙で練習をして、「おっ、けっこううまく描けるようになったぞ」と、提出用の色紙に描いたら、紙質の違いで、かすれまくったり、にじんだり…とほほほ…です。
 とりあえず、少しはマシなのがこれ…

Photo_2

 気に入らないところがいろいろあるのですが、色紙をあんまり潰しまくるのも、もったいないですから…😭
 しかし、前から感じていましたが、うちの先生の絵ってかなりワイルド?
 まぁ、私も緻密で繊細な絵は、苦手なので、こういう絵の方が描きやすくてありがたいですけどね(苦笑)

2017年6月24日 (土)

紫陽花(墨彩画)

 6月初めに梅雨入りしたものの、香川はほとんど雨が降らず、四国の水瓶「早明浦ダム」の水量も減る一方で、先週からは早くも第一次取水制限に突入しました。
 このままだと夏が怖いのですが、どうやら今夜あたりから、雨になりそう…大雨で、災害が起きるのは困りますが、被害が出ない程度に、たっぷりと降って欲しい…と、勝手なことを願っています。
 というわけで、今週の墨彩画は紫陽花(カタツムリつき)です。

Photo

 珍しく?ほぼ墨一色…なんか、いかにも墨彩画という感じですね。
 ちょうど、ご近所の人から紫陽花の花をもらったので、スケッチもしてみました。こちらは色鉛筆と顔彩で、画用紙に描いています。

Photo_2

 で、もう1枚。ガクアジサイ。

Photo_3

 実は、私はこちらの方が好きなんですよ。
 これは、半紙に墨と顔彩です。

2017年6月15日 (木)

ルピナス(墨彩画)

 墨彩画、今回のお題は「ルピナス」です。
 また、ややこしいい花を…(苦笑) 

Photo

 マメ科の植物だけれど、花のつき方が変わっていて、ネットで写真を見てもイマイチよく分かりません。
 実際の花を手にして(触って分解して)みれたらいいのですが、うちのご近所では咲いてないし…
 まんのう公園に、いっぱい植えられているそうですが、ゴールデンウィークの頃に満開という記事が新聞に掲載されていましたから、もうとっくに花の時期は終わっているのでしょうね。残念!

 

2017年6月 5日 (月)

ハナショウブ(墨彩画)

 今回はハナショウブ。

Photo

 ハナショウブは園芸種で色々な花が造られていますから、前回のカキツバタよりはかなり派手な絵になりました。
 ところで、カキツバタへのコメントで、葉っぱで見分ける…と、書きましたが、柔らかめで少し幅広なのがカキツバタ、ハナショウブは筋が入っていて固め…だ、そうです。(最も、写真では分かりにくいですね。実物を手にとってみればいいのでしょうが…)

 今回の絵にも、葉に筋を描いてます。
 この筋の入れ方…筆を墨をとった皿の中でグイグイひねり(筆をいじめる?)、筆先がばらけた状態にして、葉の上に筋をさっと描くのですが、頭で理屈はわかっても、実際にやるのは、なかなか難しい。
 墨がつきすぎて、べったり黒くなったり、ビビって線が途中で切れたり、かすれたり、勢いつけすぎてはみ出したり…weep
 が、頑張って練習しなくては…
 
 ちなみに、こちらは気分転換に、ハガキ絵風に1枚描いてみたもの。

Photo_2

 一応、カキツバタのつもりですが、ハナショウブにも見えますね、 葉の筋は描いていまんが…(苦笑)

より以前の記事一覧