2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お絵描き

2017年12月16日 (土)

ヒマラヤユキノシタ(墨彩画)

 今回の墨彩画のお題はヒマラヤユキノシタ。
 先生によると、結構あちらこちらに植えられているそうですが…残念ながら見たことがありません。まぁ、花が咲くのは2月ごろらしいので、その頃になったら「あ〜っ!こんなとこに植わってたぁ〜!」と、叫びそうですが(苦笑)

 
Photo
 一応、ネットで検索して、写真は確認しましたが…葉っぱを、もうちょっとガバッと丸く書かないとダメだったかな…

2017年12月 2日 (土)

干支の置物造り

 墨彩画教室での恒例行事?…来年の干支置物造りです。
 昨年利用した「木屑ねんど(もくねんさん)」を今回も利用。
 この粘土、ちょっと乾きは悪いけれど、手につかないのが便利…と、ネリネリして小石を新聞紙で包んだ芯に貼り付けて犬を作っていったのですが、変に柔らかくて、すっごく形が作りにくい!
 頭部を作っていて、お尻の辺りに手が当たるとグニャリと曲がる…こりゃいかん!と、そちらを直そうと触っていると、ついつい頭部などに手が当たり、今度はそっちがグニャリcrying
 去年はこんなにやりにくいとは思わなかったのに、なぜ?
 まぁ、去年は鶏で鶏冠と嘴以外に細かい部分を作らなかったから、感じなかったのかなぁ〜?

Photo

 ブツブツぼやきつつ、それでもなんとかそれらしい形にして、乾かして…ちょっと、表面がボコボコしていたので、紙ヤスリをかけて磨いてみましたが、乾いてしまうと結構硬くて、せっせと磨いたけどイマイチすべすべになってくれません。
 …いや、根気よく磨けばいいのでしょうが、基本私は根性がないんです(苦笑)
 「ま、今年のお正月に飾るだけだからこれでいいや」…と、色塗り開始。
 ジェッソで地塗りして、さらにアクリルガッシュのホワイトで下塗り。

Photo_2

 そして、あとは適当に塗り塗り…
 こちらが前。

Photo_3

 で、こちらが後ろ側。

Photo_4

 おすわり君と伏せ君は一応ペアで、狛犬風に阿吽にする予定だったのですが…伏せ犬君の口をもうちょっと開けとくべきでしたね。
 小さいのはちょっと粘土が余ったので、犬張子風のを作ってみました。
 あとは、もう少ししたら百均に出回るだろう正月飾りと組み合わせて、もうちょっと華やかにしてみようと思っています。

 

2017年11月18日 (土)

枇杷の花(墨彩画)

 雨が降って、イッキに寒くなってきました。
 一応、インフルエンザの予防接種は済ませたけれど、風邪をひかないように気をつけなくては…

 さて、今回の墨彩画のお題は「枇杷の花」

Photo
 花よりも、葉っぱを描くのが難しかったです。
 それにしても枇杷の花って晩秋に咲くのですね。植物に疎いので、全く知りませんでした。
 墨彩画教室に通い始めて、良かったことの一つは、色々な花を覚えられたことかな…まぁ、本当は絵がもっと上手くなってくれればいいのですが(苦笑)

2017年11月14日 (火)

ジンジャー(墨彩画)

 今回のお題はジンジャー(花縮砂)

Photo

 ジンジャーといえば生姜。
 すりおろして冷奴や焼きナスに添えたり、キツネうどんのお揚げさんにのせる生姜と、この花とが同じものなのかどうか、わかりませんが(食用とは別に観賞用もあるのかな?)…なんにせよ、本物を見たことがないので、イマイチ描きにくかったです。

2017年11月 8日 (水)

ホトトギス2(墨彩画)

 白内障の手術があったり、台風が接近したり…で、しばらくお休みした墨彩画。
 二度目の「ホトトギス」は、コオロギ付きです。

2

 そう、コオロギです。けっしてゴ○○リではありません…でも、ちょっと間違えそうですね(苦笑)

 

2017年10月18日 (水)

ホトトギス(墨彩画)

 墨彩画…お題はホトトギスです。

Photo

 ホトトギスというと、鳥の方がパッと頭に浮かびますね。
 この花の名前も、もちろん紫色の斑点が鳥のホトトギスの胸元に似ているから…
 そう言えば、お茶花なので、昔お茶を習っていた頃、お茶の先生のところで秋になるとちょくちょく見かけてはいましたが、細かいところはうろ覚えでした。
 今回、絵を描くために、図鑑やネットの写真をじっくりみたのですが…ややこしい花ですね。
 しかも、そのややこしい雌しべや雄しべを丁寧に描いても、紫の斑点をババっとつけたら、結局どこが雌しべで、どこが雄しべやらよくわからない状況に…(苦笑)

 ところで、ホトトギスは歌にもよく詠まれていて名前は有名な鳥ですが、残念ながら実物を(テレビ以外で)見たことはありません。
 確か、香川の県鳥になっているのですが…五色台の奥にでも行けばいるのだろうか?

2017年10月12日 (木)

コスモス

 先週から夏に戻ったように暑い暑い…せっかく夏布団しまい込んだのにdespair
 まぁ、それでも今日はどんより曇って昼過ぎから涼しくなって来ました。
 夜は雨になるようだし、これで、イッキに涼しくなるのかな?

 ところで、墨彩画教室は先生の都合で9月末から約1ヶ月お休み中です。
 課題のホトトギスは一応描いたし、筆遣いの練習ばかりするのも飽きて来て(本当は、毎日しっかりと練習しなくちゃいけないんですけどね)ちょうど、ご近所の人からもらったコスモスをスケッチしたりして遊んでました。
 こちらが、いただいたコスモス。
 玄関に飾ってます。

Img_0348

 で、墨彩画っぽく、葉書を1枚。

Photo

 コスモスの葉っぱ、重なるとごちゃごちゃして難しいですねぇ

2017年9月24日 (日)

彼岸花(墨彩画)

 

Photo

 本当は金木犀を2回続ける予定だったのですが、先生の気が変わったようで…
 お彼岸ということもあって、今年も彼岸花を描きました。
 去年描いた2種類に比べて、一段と花の数が増えて賑やかになってます。
 ちなみに下に生えている草は、もちろん彼岸花の葉ではありません。
 彼岸花には別名がいろいろあるけれど、「葉見ず花見ず」という呼び方もあるそうで、葉が出ている時には花は咲かず、花が咲いている時には葉は生えていないという彼岸花の特性をよく表している呼び名ですね。
 もっとも、漢字で書けばいいけれど、口に出すと違う意味に取られそうですね…「花見ず」のところが…(苦笑)

2017年9月16日 (土)

金木犀(墨彩画)

 今日から3連休…そろそろ秋らしくなって、行楽シーズン開始…と、いきたいところでしょうが、朝から雨です。
 というか、大型台風がやってくる!
 水不足で、雨は欲しいところでしたが、台風は…typhoon
 どうか、大きな被害は出ませんように…

 さてさて、今回の墨彩画のお題は金木犀(ジョウビタキ付き)

Photo

 花はどちらかといえば地味なので(匂いは素敵なんですけどね)、ジョウビタキの方に力が入ってしまいました。
 そして、ちょっと嘴が長くなりすぎたかな?
 もうちょっと短い方が、可愛かったですね。

2017年9月10日 (日)

カサブランカ2(墨彩画)

 2回目のカサブランカは、華やかな赤い花です。
 カサブランカといえば、「白い花」というイメージしか持ってなかったんですが、品種改良で色々できているのですね。

Photo

 ご覧のとおり、アシナガバチとカマキリ付き。
 私の好みとしては、蜂がいれば、カマキリはいらないような…いや、別にカマキリが嫌いというのではないのですけどね(苦笑)

より以前の記事一覧

お絵描き作品

  • 猿
    スケッチやアクリル画、墨彩画等のお絵描き作品集

切り絵小品集

  • 馬と猫達
    ホームページのTOPイラストとして切った作品集

サイトリンク

無料ブログはココログ