日記・コラム・つぶやき

2018年6月16日 (土)

梅雨の晴れ間

 昨日は朝はどんよりと曇っていて、雨もパラパラ降ったりもしていたのですが、午後からはうっすらと陽もさしてきました。
 なので、晩御飯の買い物がてら、梅雨らしい花を探してちょっとブラブラ散歩。
 梅雨の時期といえば…ガクアジサイがあちらこちらで見事に咲いていました。

Img_0700

 そして、最近はご近所ではあまり見かけなくなったタチアオイ。

Img_0699

 梅雨の初めに下から花が咲き始め、上まで咲いたら梅雨が明ける…なんて言われていますが、下も咲いて、真ん中あたりにもちょっと咲き、てっぺん近くも蕾も多いのに花も咲いている…う〜ん、温暖化の影響なのか、昔ながらの梅雨らしい梅雨にここ何年もなっていないので、花もへそを曲げているのかしら?
 写真を見ながら、今日ちょっと絵を1枚。

Img_0704

 普通のA5サイズのスケッチブックに、黒のマーカーでザクっと輪郭をとって、顔彩で着色してみました。
 もうちょっと、花の雌しべや雄しべのあたりを観察してくればよかったのですが、さすがに他人の庭に侵入して接写するのは無理ですよね(苦笑)

 

2018年5月25日 (金)

薔薇とスズメ(墨彩画)

Photo

 2回目の薔薇は、前回のように花びらの輪郭をとらずに、ちゃんと花に見えるように描く練習。
 筆に3〜4色の色を乗せて「えいっ!やっ!」と花びらを描くのは、難しいけれど楽しいです。
 少々失敗しても墨やら濃い色で輪郭を描いて、誤魔化せばOKだし…(それはそれで、味があります…よね?)

 ちなみにスズメですが、お手本ではバラの蕾の上にとまってました。
 こんなふうに…(これは、画仙紙ハガキに描いてみたもの…棘を描くのを忘れてしまった…)

Photo_2

 まぁ、スズメの体重だったら、しっかりしたバラの蕾だったら支えられるでしょうが…なんか、スズメに踏まれる蕾がかわいそうになって、結局茎の部分にとまらせてみました。
 それにこの方が葉っぱであちこち隠せますから…(苦笑)

2018年5月20日 (日)

薔薇(墨彩画)

 墨彩画の今回のお題は薔薇にクロアゲハです。

Img_0682

 薔薇の花は、水彩画や油絵(高校生の頃までは描いてました)で、何度か描いたことがあるので、花の構造とかはそれなりにわかっているつもりですが、下描き無しで墨と顔彩だけで描くのは、なかなか難しいです。
 特に色紙に描くときには、描く前に頭の中で構図をしっかり考えておかないと、余白部分と絵のバランスがおかしくなってしまって…まぁ、後から花や蕾、葉を追加して訂正すればいいのですが、それもうっかり描き込むと収拾がつかなくなって…「え〜い、描き直しじゃぁあ!!!」という羽目に…crying
 色紙はそんなに高価なものではないけれど、資源の無駄遣いにならないように気をつけなくては…

 

2018年5月16日 (水)

アマリリス栽培日記(その2)

 アマリリスの栽培日記の続きです。

 5月2日

52_2


 八重咲きの方は、2株とも満開。
 さらに3本目の花芽もグングン育ってきました。  
 それにしても大きくて派手な花です。
 中学校や高校の運動会や文化祭で毎年作った(作らされた)お花のようです。
 私らの時代はあの花を作る紙は「色つきチリ紙」とか言っていましたが、最近は「お花紙」というそうですね。
 そして昔は色も白と薄いピンクくらいしか田舎の雑貨店にはなかったけれど、今は何色も…羨ましい、当時これだけいろんな色があったなら、もっと華やかに作れたのに…
 5月8日

58

 一重の赤い花もそろそろ開きかけました。八重の方は最初に咲いた株の花が、そろそろクッタリと萎れ始めたけれど、3本目の花芽が膨らんできました。
 5月11日

511

 とうとう赤が開花!
 5月14日

514

514_2

 赤の1本目がほぼ全開。
 2本目もまもなくですね。そして八重の方は一番最初の株の花はすべて終わり、2本目もだいぶ力を無くしてきていますが、3本目が咲き出して…まだしばらくは楽しませてくれそうです。
 それにしてもアマリリスってこんなに派手な花だったんですねぇ〜地味な我が家の庭も、今年はこの花のおかげで、とっても華やかな雰囲気です。

Img_0681

 しかし、それももうあとしばらく…栽培セットについていた説明によると、うまく管理すれば来年も咲くらしいのですが、何しろ花を育てる能力のなさには、私も母も自信(苦笑)があるので、さてどうなりますやら…

2018年5月 5日 (土)

端午の節句

 今日は端午の節句。
 昔は我が家の近所でも、庭先に鯉のぼりを飾っている家がちょくちょくありましたが、ここ数年、全く見かけなくなりましたね。
 まぁ、男の子のいる家が(というか、子供のいる家が)近所には少なくなっているのと、鯉のぼりを飾れるような広い庭のある家が減ってしまったので、仕方がないことでしょうが…
 そういうわけで、お城のお堀の上で泳ぐ鯉のぼりを写して来ました。

Dsc00470
 で、こんな絵も…

Photo
 使ったのは画仙紙ハガキです。
 資料を本棚から出すのをめんどくさがって描いたので、ちょっと兜が微妙?

2018年4月26日 (木)

アマリリス栽培日記(その1)

 毎年お花を贈ってくれるT県の友人から、今年は3月にアマリリスの栽培セットが届きました。
 アマリリス…そういえば小学生の頃、学校の花壇で育てましたし、10年くらい前に職場で、今回と同じような栽培セット(どこからもらったのか、不明でしたが)を育てたことがありましたっけ…しかし、ちゃんと花が咲いたかどうか、いまいち記憶がない…(苦笑)
 で、今回の栽培結果を、ちょっとまとめてみました。
3月14日

314

 届いて、箱から出した状態です。
 さぁ、説明書どうりお水をあげて…早く大きくなぁれ〜

3月24日

324

 片方だけすくすく伸びる。もう片方も少しは芽が出ている…かな?

4月10日

410

 成長が早い方はもう花芽が出て来てグングン伸びてます。
 しかし、もう片方は…ジリジリとは成長しているみたいだけれど、なぜこんなに差があるのだろう?

4月23日

423

 成長の早い方は、とうとう花の一つが咲きました。
 アマリリスといえば一重の赤い花しか知らなかったけれど、これは白で八重咲き。そして…でかい!直径15センチくらい?そして茎は1メートルは軽くあります。蕾は一つの茎に五個くらいあるけれど…これ咲いてきたら、プラスチックの植木鉢では支えられないのでは?
4月25日
425


 白い方は二つ目の蕾も開花。三つ目も咲きそう。
 横の小さい方も、それなりに蕾が大きくなってきています。こちらは赤い花のような感じ…

4月26日

426

 心配していた通り、三つ目が開きかけたら、見事にひっくり返ってしまいました。
 仕方ないので手すり縛り付けましたが…う〜ん、ちょっとカッコ悪いなぁ
 しかし、しっかり縛っておかないと、全ての蕾が開く前に茎が折れてしまうでしょうから、仕方ないですね。

 さてさて、もう一つの鉢も、来週くらいには花が咲くかしら?
 そうなったら、栽培日記の第2弾をアップします。

2018年4月24日 (火)

牡丹(墨彩画)

 いきなり初夏のような気温になったり、朝晩はひんやりしたり…気温の変動が激しい時期なので、体調を壊す人が多いから気をつけなくては…と、思っていたのですが見事に風邪をひきましたcrying
 熱はほとんど出ないのですが、喉が痛くて痛くて…そして咳と鼻づまり…トホホホ
 まぁ、自分の体調管理がまずいのが原因なので、愚痴っていても仕方ないですね。これから気をつけなくては…

 ということで、話を変えて…今回の墨彩画は「牡丹」です。

Photo

 ちょっと、葉っぱがワイルド?
 私は繊細に描くのは苦手なので、こういう方が描きやすいといえば描きやすいのですけれど…(苦笑)
 練習を兼ねてハガキにも描いてみました。

Img_0631

 こちらは葉っぱは墨だけです。この方が、花が目立って面白いかも…
 そして、写真はご近所の畑の横に咲いていた牡丹です。


Photo_2

Photo_3

 すぐそばのお庭には、絵に描いたようなピンクの牡丹もあったのですが、あっという間に満開になり、そして散ってしまって写真に撮れませんでした…残念!





2018年4月 7日 (土)

桜流し

昨日の昼過ぎから今日の明け方にかけて、雨がザバザバ降り、それだけでなく風もかなりきつく吹き荒れて、うちの近所の桜は完全に散ってしまいました。
夕方、ちょっと散歩に行ったら、牡丹桜だけはまだ残っていましたが…今年の桜の季節はもう終わりですね。

Dcf09e666c1d49ba96e9468a9cb88fa0

Ec0923d598704b3caa2a52efa81c3400

なんだか、季節が移っていくのが年々早くなっていくようで、これも歳をとってきた証拠なのかな?…と、ちょっぴりせつなくなります。
ところで、この桜を散らす雨や風を「桜散らしの雨」と、この時期の天気予報やニュースなどで、よく耳にしますが、「桜散らし」の本来の意味は桜の花が散るというい意味ではないと、最近になってようやく知りました。
「桜流し」と呼ぶのがふさわしいそうです。いやぁ〜日本語って奥深いなぁ(私が無知なだけ?)

2018年3月27日 (火)

イッキに春!?

 お彼岸の頃の寒さが嘘のように、金曜日頃からイッキに暖かくなって来ました。
 買い物がてら、ちょっと回り道をして、桜の古木のあるお庭の前を通ったら、ご覧のとおり満開でした。

Img_0568

Img_0569

 お城の方を眺めれば、南側のあたりがうっすらと桃色に…これは、今週末は花見客で賑わいそうですね。
 そして、咲かない咲かない…と、愚痴っていた我が家の庭の水仙も、ようやく2輪ほど咲きました。

Img_0561

 先日行った淡路島の、丘に咲き乱れていたラッパスイセンの華やかさに比べると、寂しいですが、それでも健気に咲いてくれて(なんの手入れもしないのに)嬉しいです。
 そういえば、淡路島の旅行レポートアップしないといけないのですが、写真の整理を途中でほったらかしてます。
 モタモタしていたら、4月になってしまいそう…もうちょっとテキパキやらなくてはダメですね。

 

2018年3月14日 (水)

涅槃桜

 一気に暖かくなって来ましたねぇsun
 今日は、目の定期検査で善通寺市の病院へ行ったのですが、こんないい天気なのに、まっすぐ帰るのはつまらないので、ぽちぽち歩いて善通寺へお詣りして来ました。
 善通寺に来ると、大抵は金堂の方だけお詣りして帰ることが多いのですが、今回は久しぶりにお大師様の御影堂の方へも…
 …というのは、昨日の新聞で、御影堂裏の涅槃桜が間も無く満開になるという記事を読んだので、これは見て来ないわけには行きません。
 さてさて、この回廊の向こうに見えている屋根が御影堂。

Img_0542

 そして涅槃桜は、その横の屋根付きの渡り廊下(写真では下が切れてしまっていますが…)の下をくぐって行ったところにまずは1本。

Img_0536

Img_0533

 その名のとおり旧暦のお涅槃の頃に咲く桜で、特徴は匂いが他の桜より強いこと…近づくと、甘いような爽やかなような…いい香りです。
 そして、御影堂の裏手にも何本か…昨日からの暖かさで、ほぼ満開でした。

Img_0539

 いやぁ〜、眼科の診察日がちょうどいい季節にあたって、よかったなぁ〜happy01

Img_0541

 

より以前の記事一覧

お絵描き作品

  • 猿
    スケッチやアクリル画、墨彩画等のお絵描き作品集

切り絵小品集

  • 少女と小鳥
    ホームページのTOPイラストとして切った作品集

サイトリンク

無料ブログはココログ