2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« カキツバタ(墨彩画) | トップページ | ハナショウブ(墨彩画) »

2017年6月 4日 (日)

5月に読んだ本

   

   

○青の祓魔師 19 (加藤和恵)
 だんだん物語の謎が解明されてはきていますが…最終回はまだ遠そうです。
○けんえん。4 (風越洞)
 猿の妖怪「マシラ」と妖怪退治に来たのに、なぜかマシラに拾われ?一緒に暮らしている霊犬ハヤテ。
 よくわからんコンビが、人や妖怪と絡む物語。
 4巻まで来て、マシラや彼を極端に憎む村の男との関係もわかってきて、なんとなく村人とはうまくいきそうな…しかし、もう1頭の霊犬と妖怪退治の男が現れて、まだまだ波乱がありそうですね。
○元競走馬のオレっち ~みんなの日常編~ (おがわじゅり)
 乗馬クラブで暮らすオレッチや、仲間たちのほのぼのシリーズ。
 人間の絵はやっぱり今ひとつ…むにゃむにゃ(苦笑)
 でもまぁ、馬が可愛いので、読んでいて楽しいですね。「俺は死神」のようにちょっとせつない短編もありますが…
○おちくぼ姫 (田辺聖子)
 日本のシンデレラ物語と言われる古典『落窪物語』の現代語訳。
 ただし、そっくりそのままの訳ではなく、かなり現代の若者向き(だそうです)に、優しく穏やかな恋愛小説に変えられています。
 確かに原典では、現代の感覚だと「それは、ちょっとないでしょう!」みたいなところもたしかあったはずですから(原典は簡単な「あらすじ」しか読んでないけれど)、仕方ないでしょうね。
 おかげで、とっつきやすく、さらっと読めるお話になってます。
 そういえば、シンデレラも本来の物語では継母や意地悪な姉に対する、かなりきつい復讐シーンがありましたっけ…まぁ『落窪物語』も、いつか原典の方も読んでみたいです。
 というわけで、5月に読んだ本はここまで…ええっ!4冊!?…と、自分でもびっくり。
 もっと漫画は読んでいたような気がするのですが…
 この時期(ダービーが近づくと)毎年読みたくなる「じゃじゃ馬グルーミングアップ」を最初から読み返したり、「ポーの一族」の新シリーズが始まったので(新刊は7月に出るらしいですね。楽しみ楽しみ)、倉庫からコミックを取り出し…ついでに見つけた「蘇州夜曲(森川久美)」を「おおっ!何年ぶりだろう!」と読み返したりしていたせいですかねぇ〜(苦笑)

« カキツバタ(墨彩画) | トップページ | ハナショウブ(墨彩画) »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583421/65368891

この記事へのトラックバック一覧です: 5月に読んだ本:

« カキツバタ(墨彩画) | トップページ | ハナショウブ(墨彩画) »

お絵描き作品

  • 猿
    スケッチやアクリル画、墨彩画等のお絵描き作品集

切り絵小品集

  • 馬と猫達
    ホームページのTOPイラストとして切った作品集

サイトリンク

無料ブログはココログ